オフィス移転を成功に導くために知っておきたい!基本的な知識をご紹介!

このサイトではオフィス移転を成功させるために知っておきたい基礎知識を紹介します。
引越しをするとき手続きの種類や、必要な事前準備、また移転するときに頼りになる業者を選ぶにはどんなことをポイントにすればよいのかなど、いろいろなことを知っておく必要があります。
また知り得た情報を基に、確認したいことをチェックリストにしておくのも作業をスムーズにするために効果的です。
ここでは事務所移転を成功に導くために役立つ情報をわかりやすく解説するので参考にできます。

オフィス移転を成功に導くために知っておきたい!基本的な知識をご紹介!

オフィス移転が決まると、やるべきことがたくさん発生します。
業者選びや新事務所のレイアウト、各種届け出など、引越し後、スムーズに業務をおこなうには得ておきたい知識がたくさんあります。
確認できたことはチェックリストにすれば作業がスムーズですし、移転に伴うトラブルを未然に防ぐことができます。
また移転の際の業者選びですが、どの程度の業務を依頼するか決めることが第1歩です。
オフィス移転は手間がかかる一大イベントなので、業務効率を落とさず準備するにはやはり業者に頼ることになります。
提供してくれるサービスもそれぞれなので、予算や実績などを踏まえて選ぶことが大切です。

オフィス移転の成否を分ける事前の情報収集

事業規模の変更などで、オフィス移転などを行わないといけない場合があります。
そのような際には、事前の情報収集や移転実施のためのスケジュールが大変重要になってきます。
オフィス移転の際に考えなければならないことに、まず何のために移転を行うかということをはっきりさせることです。
このことが、どのように移転を行ったらいいかということを決定し、それに沿った移転ができるかどうかということが成否を決定することになります。
設定した目的に従って情報の収集を行い、まずどのような場所が最適であるかということの検討を行います。
大まかな設定項目としては、新たな物件の立地や交通の便があります。
また実際上の話として、物件の賃貸料の額がどのくらいになるかということも調べておく事が必要です。
利便性と賃貸料の高さは相反するものですので、どこかで折り合いをつけなければなりません。
通常いくつかの候補があがってきますので、情報収集結果を踏まえどこに移転するかという計画を立てることになります。

スムーズなオフィス移転のためにやること

オフィス移転でスムーズに事業を開始するためにやることは、支援体制が整っているかどうかです。
まずは、事務手続きで住所変更や登記関係の書類と情報を整備しなければなりません。
業者によってはすみやかに対応するために書類の代行業務を請け負ってもらえるケースがあるのです。
つぎに、IT機器の整備で、ネットの通信契約や無線ランの使用環境を事前に一括処理してくれる業者があります。
これによってすぐにネットなどを利用することが出来るので便利です。
オフィス移転では、新たな契約や解約が非常に手間な業務のため、これらが事前に整っていたり、ワンストップサービスを受けれる状態であることはスムーズなことにつながります。
類似する案件としてドリンクや会議室やコピー機などに事務環境もそろっていることがポイントです。
いろいろな賃貸業者がありできることとできないことがあるためよく確認することが重要となります。
また、聞くことで対応してもらえるケースもあるのです。

オフィス移転仲介業者を選定するポイント

時間や手間がかかるオフィス移転ですが、コンサルティングや仲介業者を選定することも必要となります。
間違った選び方をしてしまうと、思ったよりも時間が経過していたり、雑な作業をする引越し業者を紹介されることも少なくありません。
そうならないように仲介業者を選定するにはポイントを踏まえて、オフィス移転を考えてみることで解決します。
まず見積もり段階で気をつけたいのは、電話やメールでの連絡の際にすぐに返信がくるのかどうかそこがポイントになります。
事務員が専門にデスクにいることで返信が遅くなることはありませんので、早急に連絡がくるようなところだと安心できます。
そして下請け業者との間を取り持つことになるので、こちらの期日と業者との日時をしっかりとスケジュールできる管理能力があるのかどうかです。
管理することができていると、こちらの意向に沿ったタイムスケジュールを取ることができるので、安心できる業者だといえます。

オフィス移転で失敗しないための注意点

時代は専門性がさらに密になっていて、オフィス移転に関しても専門家に任せることで時間をかけずに引越しを完了することができます。
気をつけたい注意ポイントがあるので、失敗しないように情報を収集しておくことが大切です。
まずオフィス移転の専門業者には母体となっている企業があります。
そのひとつが不動産会社がやっているところがあり、物件探しと移転がセットなので任せることで通常業務に支障がありません。
気をつけたいのは、あくまでも不動産会社ですから、移転するエリアに物件がない場合には向いていません。
オフィス家具が母体となっているところでは、仕事で使うイスや机を揃えることが同時にできますし、購入することで移転料金が安くなるプランもあるので、新しくスタートするケースではメリットがあります。
他にも複数の企業がオフィス移転の専門業者を仲介しているので、失敗しないように情報を集めておくことでトラブルなく移転をすることができます。

オフィス移転のサポートをするコンサル会社

規模が小さな会社のオフィスの移転では、一般的な引っ越し会社を活用することがよくあります。
しかし中堅規模以上の企業の引っ越しでは、作業も複雑になりオフィス移転の準備も早期に開始することが重要です。
オフィス移転のコンサル会社を活用すると、社内業務を続けながらスムーズに新しいビルに移ることができます。
特にオフィス内でパソコンを使うことも増えており、ケーブルなどの配線や設備の設置についても相談するのがポイントです。
事前に引っ越し作業の流れをシミュレーションすると、作業の当日は円滑に荷物類を搬出できるようになります。
一方で企業の本社は営業を移転させる場合には、事前に新しい賃貸事務所を探す必要もあります。
コンサル会社のサポートで物件を探すのが、快適に業務が行えるオフィスを見つけるコツです。
オフィスを探す場合には賃料を重視するのが一般的ですが、設備にも注目するのが望ましいです。
新築ビルを紹介してもらうと、移転後は更に仕事が円滑に行えるようになります。

活用したいオフィス移転の成功事例

オフィス移転を計画中の企業の責任者は、成功事例に関する情報を積極的に集めています。
そして施工した事例をアレンジして、個別の企業のニーズにマッチしたオフィス移転を実現するのが時代の流れになっています。
企業の引越し全般を支援する会社を活用すると、移転先のオフィス探しを含めて総合的なサポートが受けられます。
また企業が引越しをする場合には、内装工事や原状回復工事などの手配も必要です。
そのためにスケジュールを専門の会社に考えてもらい、その流れに従って作業を進めることが成功のカギになります。
コスト削減を第一の課題と考える企業も多いですが、社員の働きやすさも重視するのが理想的です。
ハイグレードな賃貸オフィスを選ぶと、快適な空調設備があるので社員も快適に仕事に取り組めます。
耐震性に優れたビル内の貸事務所を選ぶと、災害時の事業の継続性も高まります。
コストに加えてリスク管理も考えるのが、オフィス移転を成功に導くコツです。

オフィス移転で考えたい生産性を上げるためのオフィスデザイン

オフィス移転をする理由として、生産性を向上させたいからだという人は少なくありません。
たしかにオフィスデザインによって生産性に大きな差が出てきますから、オフィス移転をするなら、自分の思ったデザインを実現できるかどうかをしっかり見極める必要があるでしょう。
生産性をアップさせるオフィスデザインで重要視されるのは、ずばり「仕切り」です。
仕切りを設けてあげることで、社員の仕事への集中力が増し、生産性アップにつながることがよくあります。
仕切りがないと、他人の視線が気になってうまく仕事に集中が出来ずに生産性が低下してしまことが多いです。
適度にパーティションでオフィスを区切ることで、社員が仕事しやすい環境が整えられるでしょう。
三方を仕切りで区切って、個室に近いような形にできるデザインのオフィスも人気になっています。
ただ、あまりにも個室化を進めてしまうと、仕事をサボりやすくなる可能性もあるので、ある程度はオープンな状態にしておくことも必要です。

増加しているオフィス移転をする企業

コストを意識している企業が増えている中で、オフィス移転への需要も高まっています。
特に大都市中心部のビルに入居していると、賃料コストが経営の圧迫要因になることも多いからです。
更にテレワークの推進で必要なオフィス面積も小さくなっており、今までよりもコンパクトな賃貸事務所への需要も伸びています。
このように様々な理由から、企業の担当者がオフィス移転の専門の会社に相談する事例も増加しています。
一方で円滑にオフィスの移転を実現するためには、早期に引越しのスケジュールを構築する必要もあります。
業務を続けながら新しいオフィスに移転するためには、作業を夜間や休日に行うことが肝心です。
実績豊富な引っ越しの会社であれば、個別の企業の実態に合わせて適したプランを提案できます。
特に原状復帰などのサポートが完備した会社のサービスは、企業の関係者にも人気があります。
古い家具などの処分サービスも併用すると、移転先でも気持ちよく業務をスタートできます。

都市部から地方へオフィス移転する際のポイント

固定費削減を考えている会社の経営者は、都市部から地方へのオフィス移転に強い興味を示しています。
特にテレワークが主体で会議もオンラインで行える場合には、本社を地方に移転させても今まで通りに業務を進めることも容易です。
更に都市部を離れたエリアの家賃は安いので、オフィス移転によってゆったりとした職場環境も実現できます。
一方で移転をする場合には、地域の実情を考えながら物件を厳選することが大切です。
移転先の物件に強い不動産会社に相談すると、駐車場完備でマイカー通勤にも最適な賃貸オフィスを紹介してもらえます。
更にコンサルタント会社を活用すると、移転に向けた作業の手順や社員への説明も効率的に行えます。
実際にオフィスで働く社員に理解してもらうことが重要なので、引越しの説明会は念入りに行うべきです。
移転前に不要な書類や設備をまとめて処分すると、新しいオフィスでは気持ちを新たにして業務に取り組むことができます。

オフィス移転に関する情報サイト
オフィス移転の情報サイト

このサイトではオフィス移転を成功させるために知っておきたい基礎知識を紹介します。
引越しをするとき手続きの種類や、必要な事前準備、また移転するときに頼りになる業者を選ぶにはどんなことをポイントにすればよいのかなど、いろいろなことを知っておく必要があります。
また知り得た情報を基に、確認したいことをチェックリストにしておくのも作業をスムーズにするために効果的です。
ここでは事務所移転を成功に導くために役立つ情報をわかりやすく解説するので参考にできます。

Search

新着情報