オフィス移転で確認すべきチェックリスト

オフィス移転で確認すべきチェックリスト

企業にとってオフィス移転はとても大きな重要度の高いイベントになりますが、何度も経験することではないので初めての人も多くいます。
最初にやっておきたいのは移転をするためのチェックリストを作成して、一つ一つの工程を的確にこなしていくことでスムーズなオフィス移転ができます。
規模の小さな企業では社長の裁量ですべて決定をして行動をしますが、大企業となるとそうはいきません。
まず社内決裁として次の賃貸料金や移転費用などを含めたことを提出することです。
そして取締役会や総会などで臨時に決定を促してもらうことも必要になり、認められる状況を作ってオフィス移転ができるようになります。
実際に行動をするにもチェックリストが便利に使えるので、解約しなくてはいけない項目を準備しておくことです。
賃貸物件はもちろん駐車場などを借りていた場合には、同じ手順で解約をすることになります。
また清掃業者にオフィスを綺麗にしておくことを任せることも、早めの手続きが必要です。

オフィス移転で悩みがちなエリア選びの基準を紹介

オフィス移転でエリアを変更する場合、その地域にとっておすすめできる基準が異なります。
東名阪などの大都市なら駅に近い方が通勤に有利ですし、その駅が地下鉄なら雨天でもあまり濡れることはありません。
その反面、利便性の高さから賃貸料が高めに設定されていますし、人気も高いため早い者勝ちになることが一般的です。
中規模都市や田舎、都心部でも一部のエリアは車社会となっているため、駅に近くても駐車場がないと逆に不便になることがあります。
これは各社員が自宅から駅まで遠くなることが多い上、その駅までのアクセスが困難になることもあるのです。
車社会なら最低でも社員の数だけの駐車場があるオフィスにするか、近所の空き地などを駐車場として借りられる場所にしましょう。
通常オフィス移転後は最低数年間引っ越すことはありませんが、災害が多い市区町村は少なくとも地盤や過去の災害データーを各自治体HPで先に調べておくことをおすすめします。

オフィス移転に関する情報サイト
オフィス移転の情報サイト

このサイトではオフィス移転を成功させるために知っておきたい基礎知識を紹介します。
引越しをするとき手続きの種類や、必要な事前準備、また移転するときに頼りになる業者を選ぶにはどんなことをポイントにすればよいのかなど、いろいろなことを知っておく必要があります。
また知り得た情報を基に、確認したいことをチェックリストにしておくのも作業をスムーズにするために効果的です。
ここでは事務所移転を成功に導くために役立つ情報をわかりやすく解説するので参考にできます。

Search